埼玉県朝霞市の行政書士事務所です。外国人の方のサポート、法人設立のお手伝い、中小企業のご支援を行っています。

中小企業の支援

あなたの会社を強くする知的資産経営

行政書士は、企業の知的資産経営をサポートすることにより、

  • 円滑な事業の承継を可能にします。
  • 企業の競争優位の実現を支援します。

知的資産経営とは

企業を支える要素として、ヒト、モノ、金、(情報)があげられますが、企業にはさらに目に見えない(無形の)さまざまな資産があります。それらの一部は、著作権、特許権や商標登録などにより知的財産権として保護・活用されていますが、このほかにも、営業秘密やブランド、ノウハウやビジネスモデル、経営理念、人材、技術力、各種のネットワーク、社会的信用度や組織力などがあります。

これらは、企業を支える貴重な資産ですが、多くの中小企業ではその保護や活用に課題を抱えています。

  • 現金や商品と違って目に見えないため、自社にどのような資産(強み)があるのかわからない。
  • 社長さんや一部の従業員の方がもつものであるため、その人がいなくなると失われてしまう。
  • 会社が作成する財務諸表に表されないため、説明しにくく、どのようにすれば今以上に活用できるのかわからない。

行政書士は、専門家の視点から、あなたの会社の強みとなる知的資産を把握し、「知的資産経営報告書」として「見える化」させて、企業経営のさまざまな機会に活用するお手伝いをします。


知的資産経営のメリット

円滑な事業承継を可能に

長年培った社長さんの人脈や経験、社員の方の営業ノウハウや技術力などに頼ることも多い中小企業にとって、事業の承継は重大な課題です。世代交代や社員の方の退職によって、これらが失われて、会社の売り上げや信用、ブランドなどに深刻な影響を及ぼす危険が高いからです。知的資産経営は、あなたの会社の無形の資産を把握して、有形化することにより、事業承継に伴うリスクを減らすことができます。

企業の競争優位を実現

貸借対照表や損益計算書は、あなたの会社の経営状態を理解するうえで有効な資料ですが、会社の過去の経営状況あるいは一定時点の資産状況を表すもので、将来の可能性や潜在的な技術力を把握するのに十分な資料とは必ずしもいえません。知的資産経営では、これらの可能性や技術力を「知的資産経営報告書」として有形化することにより、取引先の開拓、人材の採用など、さまざまな機会で活用することができます。


行政書士は、企業の知的資産経営をサポートすることにより、

  • 円滑な事業の承継を可能にします。
  • 企業の競争優位の実現を支援します。

中小企業の支援について、お問い合わせはこちら

TEL 048-485-9496 営業時間:9:00〜17:00
土・日・祝日は休業

PAGETOP
Copyright © 岡崎行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.